社員のレベルアップを目指して様々な活動をしています。
 社員レベルアップを支える4つのテーマ
社員のレベルアップを目指して様々なお話や活動を耳にしますが、私たちは4つのテーマを柱として社員のレベルアップを図っております。
・社内教育
・外部研修
・表彰制度
・資格取得支援
社員のモチベーションを下げることなく、各社員が積極的にレベルアップを図れる土壌造りが大切と思われます。そのためにも、それぞれの社員の経験・スキル・成果・経済状況を十分考慮した上で、適確なアドバイスをすることが重要であると考えます。

 表彰制度
私たちは社員のモチベーション維持のために表彰制度を取り入れております。
社内的なものから外部団体が関係するものまで様々なものがあります。

●優良運転者表彰
無事故無違反の期間に応じ表彰する制度です。

●優良社員表彰(社内表彰)
勤務態度から事故実績に至るまでを総合的に判断し表彰する制度です。

●安全運転コンクール
乗務員をチーム分けし、一定期間の無事故無違反を競う表彰制度です。

●SDカード顕彰
SDカード資格者を表彰するものです。

上記表彰は比較的規模の大きいものとなります。
そのほかにも社員の”やる気”を引き出す様々な表彰制度を導入しております。
 資格取得支援
輸送安全マネジメントにもありますが、社員の資格取得に関して私たちは様々な目標を立て、その支援にあたっております。
もちろん車両を運転するにあたっては必須資格もあります。そのような場合は、即座に資格取得する必要がありますので、私たちはあらゆる面で資格取得希望者をバックアップします。
また、専門外の資格であっても、社員本人が希望すれば適切に支援できる体制を整えております。
前向きな社員を応援することは、社全体の力の源になると信じて活動して参ります。
 運行管理者資格
平成27年4月現在で弊社には50名の運行管理者資格保有者が在籍しております。社員およそ130名ですので、運行管理者資格保有者の占める割合は約40%となります。
うち選任資格者は13名となり、日々の運行管理実務にあたっております。
弊社の特徴といたしましては、乗務員にも積極的に資格取得を目指してもらえるよう支援している点です。
平成26年度も乗務員から2名の合格者を出しました。
「乗務員には運行管理資格など関係ないのでは?」と、お思いになられる方もいらっしゃると思います。確かに、乗務員は運行管理業務をすることはありません。しかし、昨今のコンプライアンスの重要性を考慮するならば、運転業務に関係する者は一定の知識、理解が必要だろうと考えております。
現在の乗務員の運行管理者資格保有者数は24名です。
今後も積極的に資格取得支援を行い、「安全」最優先の土壌づくりを継続してまいりたいと考えております。




4つのテーマがバランスよく機能することが大切です

優良運転者表彰受賞者と会長・社長の記念撮影

埼ト協主催の安全運転コンクール表彰状


個人情報保護方針