私たちは燃費を向上させる様々な努力を怠りません。
 今、私たちにできることを真剣に考えています。
 社内講習での燃費向上への取り組み
燃費を向上させる方法として様々なものがあります。下記に列挙しますと
・穏やかな発進と加速および停止
・高速段ギアの多用
・一定速度での安全走行
・発進・停止回数の抑制
・空ふかしの抑制
・アイドリングストップ
・適度なタイヤ空気圧

・無駄なトラフィックスの抑制
などが考えられます。
これらを講習内容に盛り込み、環境面からその重要性を話し合います。
燃費向上活動による経済効果から地球環境への影響にいたるまで、視野を広く持つことで受講者への自覚を促し、「できることから始める」というスタンスで現在活動しています。
特に、乗務員安全教育および新人教育はエコをテーマとした講義が頻繁に行なわれています。

 燃費向上キャンペーンの展開
私たちは適当な期間を設け、燃費向上のためのキャンペーン活動を行なっております。
燃費は全ての運転手に分かり易い方法で伝えておりますので、常に自身の燃費を把握することができます。給油する度に車両の燃費がパソコンに表示されますので、運転手はその都度、自身の走り方をチェックすることができます。
このようにキャンペーンを展開するにあたり、運転手が容易に即座に自身の燃費をチェックできること、常に燃費に関心を持ってもらうことが前提となることは言うまでもありません。
成績優秀な運転手に対しては、その努力を認めて褒賞金などのインセンティブもあります。還元制度があることも運転手のやる気を引き出しています。
 エコドライブ研修の受講
埼玉県トラック総合教育センターにて開催される、エコドライブに特化した内容の講習会です。
実際にトラックを運転してエコドライブの判定に必要な数値を割り出し、運転手の運転傾向を読み取ります。そこで不足している部分が見つかった場合、客観的な数値を示して本人に納得させることができますので効果的なエコドライブ教育が可能となります。
エコドライブは、それ自体が燃費向上であり、Nox・PM削減であり、また安全運転の実践でありますので、私たちは今後ともこの研修を継続したいと考えています。
 ハイブリッド車の導入
Nox・PM削減に期待がかかる低公害車ですが、私たちは低公害車導入を積極的に進めています。
Nox・PM排出量をかなり抑えられますので、環境負荷の少ないハイブリッド車に切り替える効果は大きいと考えます。
昨今の低公害車を取り巻く環境は、確実に無公害の方向へ向かいつつあります。技術の革新に伴い新たに登場する低・無公害車を注視しつつ、環境に対する私たちの責任を果たして参りたいと考えています。







 乗務員安全会議の様子



 燃費向上キャンペーン 社内掲示ポスター


埼玉県トラック総合教育センター
エコドライブ研修の様子



個人情報保護方針