"安全に優るものはない"が私たちの信念です。
 法令遵守の視点から安全体制を構築します。
 事故防止乗務員研修
埼玉県トラック総合教育センターで行なわれる研修です。
設備が大変充実しており、受講者は一泊二日のカリキュラムに従い受講することとなります。
受講内容は広範囲にわたり、また、安全に特化したものとなっておりますので、わたしたちはこの講習を有効に活用しております。
また、当講習では適性診断も兼ねていることから、受講者の不足している箇所を客観的な視点から適確に捉え、集中的・合理的に改善することが可能となっております。
受講者は、その成果を報告書にまとめて責任部署へ提出することにより、責任者から適確なアドバイスを受けることができます。同時に情報を共有しフィードバックすることが可能となります。
 適性診断
法律により定期的に乗務員に義務付けられた診断テストです。
シュミレーターから与えられる課題を素早く適確に処理する能力を計測します。
診断結果は客観的なデータとなって責任部署へ送付され、その結果に基づいて責任者は指導・監督します。
 運転者特別指導講習会
特別に指導が必要と認められた乗務員に対し行なわれる講習です。
事故惹起者に対して行なわれることが特徴です。
自動車事故報告規則第2条第2号に掲げる事故を引き起こした乗務員に対して行なうことは当然ですが、私たちはその範囲にとらわれずに、安全意識が不足していると認めた乗務員に対し当講習を受講させております。
 その他の講習
その他にも、私たちは様々な研修に参加しています。
コンプライアンスに関わるものから、業界の啓蒙活動に関わるものまで多種多様なものがあります。
全ての研修に共通する基本的な考え方は、「安全」と「サービス」をより確実なものとする、ということです。
私たちは、今後もこのような活動を継続させ、安全を獲得し続けると共に、お客様により良いサービスを提供することをお約束いたします。




埼玉県トラック総合教育センター実技訓練
  
適性診断結果票(左)をもとに、社員研修報告書 (右)が作成されます。社員研修報告書には受講者本人へのアドバイスが記入されています。
埼玉県トラック協会

埼玉県トラック総合教育センター


個人情報保護方針