石田運送株式会社
ごあいさつ 営業内容 会社概要 お問い合わせ ホーム
採用 CSR
 保管から配送、そして物流コストの管理まで
  一歩進んだ総合物流のシステムづくりに取り組んでいます。
 輸送(車両)部門
2トン車から20トン車まで、あらゆる物流ニーズにお応えするために、豊富な車種を揃えております。特に関東圏においては、常時連絡体制を確保。いつでも、どこでも、お客様のあらゆる要望にお応えできるだけのネットワークを整えております。また全国配送においても同じです。常時協力会社を地方別に確保。全国どこへでも低コストでお届けできる体制で、お客様を強力にサポートいたします。
配車業務は、お客様のニーズに合わせてタイムリーに対応する必要があります。素早く、かつ、柔軟に対応すべく、弊社ではTV会議システムを導入しております。拠点間の連絡や確認などの頻度、或いは、手間を大幅に削減することにより、お客様へのサービス向上につながるものと考えております。
 保管(倉庫)部門
倉庫部門は、本社春日部物流センター、茨城物流センター、野田物流センター、あわせて4,000坪。すべての倉庫に電動式移動ラックを設置してあります。

電動式移動ラックを設備
○これからの品質管理には欠かせません

3カ所の物流センターでは、合計9基の電動式移動ラックを完備。コンピュータシステムとの連携により、大切なお客様の製品を、高品質に保管いたします。
○作業品質の向上に一役買います
もちろん、作業性に優れているため、いつでも出荷オーダーに対し、迅速、安全、的確にお応えできる設備です。
○保管効率を高め、経済性抜群です
約300坪の倉庫に対し、1,200トン(1,200パレット)の保管が可能であるため、保管効率が高く、コスト面でも経済的です。
 流通加工部門
春日部物流センター内にて、建築材料の流通加工・検品作業・梱包作業を行っております。物流センター内に設置している為、保管・在庫管理・配送を含むローコストな一貫物流を構築できます。
 データ管理部門
オンライン化、EDI化により、コンピュータをフルに活用し、商品管理やコスト管理を迅速・的確に行い、業務全体をサポートしております。そして、お客様の物流管理業務を代行し、物流効率の向上にご協力いたします。
 4PL(Fourth Party Logistics)について
企業様と3PL事業者との間には様々な問題が存在します。
過剰投資や非効率的な運用による損失などがそれにあたります。
それらを防ぐために、私たちは情報が集約されるようネットワークを構築し、物流戦略を立案・実行できる強力なパートナーとして企業様へ様々なご提案をすることが可能です。
物流コスト削減を課題とされている企業様の現状を冷静に見極め、最適な3PL事業者の御紹介等も可能です。
物流コスト削減という大きな課題に立ち向かう企業様と3PL事業者双方の利益に貢献できるよう、第三者的立場から客観的視点でご提案をすることが、私たちに求められていることです。





全国へ配送する当社トラック
拠点間連絡用TV会議システム

倉庫の移動ラック




あらゆる物流ニーズに対応
個人情報保護方針